MENU

葉酸は認知症の原因を軽減する!

葉酸には認知症の原因と言われている『ホモシステイン』を軽減する効果があるため、
葉酸欠乏状態になってしまうと認知症になるリスクが出て来るそうです。

 

葉酸欠乏から認知症になってしまうと、夜の徘徊や行方不明事件に発展しまうこともあり、
周囲を巻き込んでしまうのが辛いところですよね。

 

でも、認知症だからって、24時間不眠で家族を見張っているわけにはいきません。

 

監視カメラを設置したり、家族で協力して介護するなど、何らかの対策を取らないと、「気づいたらいなくなっていた」なんて事態になってしまいます。

 

やっぱり、そういう事態にならないためにも、やはり葉酸欠乏による認知症というのは避けたいものです。
葉酸サプリメントなんて高いものではありませんし。

 

実際の認知症の介護の大変さを思えば、高くない出費です。
認知症の介護疲れによって、自殺や殺人の問題に発展するケースまで最近はよくテレビでも見かけますし。

 

介護問題は、現実的に自分が経験することになった時には、「予防対策をしておけばよかった!」と後悔しても手遅れなので、やはり元気なうちからちゃんとケアをしておくことが大事だと思います。

 

悪くなってから後悔するっていうのは、病気や介護ではよくあることですね。